SWA ソフトウェア倉庫

お知らせ

 2012年3月に「MARS for Windows 暫定版」をリリースしました。
 「暫定版」なので若干動作が怪しいところもありますが、将来的には MS-DOS 版から Windows 版へ軸足を移していく予定です。 試用ならびに不具合報告をお願いします。 (ただし、報告に対するフィードバックには当面あまり期待しないでください。)


JR運賃計算システム MARS for MS-DOS
基本セット Version 5.x

 ほぼ「DOS 汎用」といってよいシステムです。Windows シリーズでもだいたい動作するようで、Version 5.x では Windows Vista にも無理やり対応しました。個人的には PC-98x1 の MS-DOS 環境を推奨しますが :-)
 Windows 専用のアプリケーションではありませんので、Windows で使う場合には他のアプリケーションとかなり毛色がちがいます。Windows しか使ったことのない人のための基本的なインストールガイドを用意しましたので、 使用方法が分からない場合にはまずこれをお読みください。

ダウンロード

 現在の最新版は Version 5.16 です。
 本バージョンは2016年3月26日に作成されました。

 「基本セット」が2つありますが、両者とも中身は同じですので、 どちらか1つをダウンロードしてください。 事情のよく分からない人は後者(自己解凍形式)をダウンロードし、インストールガイドにしたがって利用してください。

 過去、自己解凍形式の実行ファイルが、 ウイルス対策ソフト等に「悪意のあるファイル」と誤認されるケースがありました。 v5.15から自己解凍形式の実行ファイルの作成方法を改め、白川氏作「Easy 圧縮」を利用しています。 これにより多少は誤認が減ると期待していますが、保証の限りではありません。 信用ならないと思う方は LZH 形式のファイルをダウンロードの上、ご自身で安全性を確認してください。

最近の Windows 環境でご利用の方へ

 Windows Vista 以降の環境で MARS for MS-DOS を利用する場合、通常の方法で起動すると「文字化け」が発生します。インストールガイドにしたがって利用してください。

 また、64bit版の Windows では、MS-DOS アプリケーションが動作しないようです。したがって MARS for MS-DOS も動作しません。
 暫定版ながら「MARS for Windows」を本ページの下の方で公開中ですので、お試しください。


JR運賃計算システム MARS for MS-DOS
拡張セット Version 1.3

 MARS for MS-DOS を使いこなすためのセットです。 基本セットとあわせてダウンロードしてみてください。
 なお、含まれているサンプルデータは「基本セット v4.42」当時のものであり、 現在は路線の改廃により動作しないものがあります。

ダウンロード

 現在の最新版は Version 1.3 です。
 本バージョンは2002年11月30日に作成されました。


JR運賃計算システム MARS for Windows
暫定版 Version 0.xx

 昨今主流の Windows 環境では、MS-DOS アプリケーションを動作させることが難しくなってきています。 工夫すれば可能なのでしょうが、 一般的な利用者にはかなりハードルが高いといえます。
 今後の開発体制も勘案した結果、「何でもいいから、とにかく早急に MARS を Windows 化する」ことが必要との結論に至り、このたび「MARS for Windows 暫定版」をリリースしました。

 Web の更新を数年間ストップする程度に時間のない状態であるため、 見切り発車の状態です。 不具合報告は歓迎しますが、個別の回答はほとんどできない見込みです。 「自分が実験台になってやる」という程度の気持ちでご利用ください。

 なお、でるもんた・いいじま氏によりMARS for Windows の オンラインマニュアル(別サイト)が整備されました。これに伴い、MARS for Windows への(MS-DOS 用)マニュアルの同梱を取りやめました。

ダウンロード

 現在の最新版は Version 0.14 です。
 本バージョンは2016年3月26日に作成されました。


Data Viewer「MDView」のご紹介

 MARS for MS-DOS のデータを読み込み、駅名一覧や距離計算など、 さまざまな角度から再利用する Data Viewer「MDView」が、 小石川氏によって制作・配布されています。
 私自身も利用していますが、隣の駅を検索したり、 乗車券の購入プランを練ったりと、その筋の人には実用的です。また、Data Viewer という位置づけながら、実は MARS for MS-DOS に匹敵する運賃計算機能もついており、MARS for MS-DOS の使えない環境では運賃計算ツールとしても活用できると思います。


マルスM形端末駅名入力コード
(小石川・東城両氏による)

 MARS for MS-DOS の「発着駅エイリアス」機能を利用して、マルスM形端末の駅名入力コードで発着駅を入力できるようにするデータが、 小石川・東城両氏によって制作、維持されています。
 このデータを用いると、たとえば東京を「トミトウ」、 あいの里教育大を「サツアノ」、津を「ナコツツ」と入力できるようになります。 最後の例は、文字数の点では全然うれしくありませんが :-)



(c) SWA / KASAI TakayaSWA へメールを送る
最終更新: 2016年 3月29日
簡易包装にご協力ください。