在来線の回数券タイプ企画商品

[警告]この文書は長年更新されていません

 この文書は本来、世の中の現状について解説するために公開しているものであり、 常に現状に追随することが期待されます。
 しかし実際には、最後の更新(ページ末尾に記載)から相当な年月が経過しており、 記載内容は現状に追随していません。 また、この文書を今後更新する予定はありません。
 したがって、この文書は本来の目的を達成していません。 最終更新当時の世の中の様子を伝えるという、 本来とは異なる目的で公開を続けているものです。
 以上の点を理解のうえ、お読みください。

[Summary] このページで扱うきっぷ

 このページでは、首都圏でほぼ通年発売されている、 在来線用の回数券タイプの割引きっぷをいくつか紹介しています。
 商品ラインアップは主に「高速バスなどと競合する都市間移動」用と 「ふだん乗る電車にプラスαでちょっとぜいたく」用に分かれているといえますが、 後者のきっぷは都市間移動にも応用がききます。
 なお、名称に★印のあるものは、4/27〜5/6、8/11〜20、 12/28〜1/6は使用できません。


あずさ回数券★

東京都区内〜甲府・竜王 16800円
東京都区内〜塩尻・松本 27000円など
6枚つづり 3カ月有効

 〔あずさ〕〔かいじ〕の普通車指定席を利用できる回数券で、 中央線の都市間移動に便利な割引きっぷです。 中央高速バスとの激しい競争にさらされているため、 割引率は非常に高くなっています。
 たとえば、東京〜松本間の普通車指定席利用で比較すると、 大人片道が通常6710円、学割でも5930円のところ、 この「あずさ回数券」利用なら4500円。 特急料金がタダではないかと思うほどの割引です。
 ちなみに、 同区間の高速バスは一般的な〔あずさ〕より若干(20分程度)所要時間が短いものの、 往復で利用すると、片道あたりの運賃は3000円を切っています。 鉄道の定時性を加味しても、価格競争力は4500円程度ということなのでしょう。
 このように学割利用よりも十分安いため、利用価値は非常に高く、 大人3人以上での往復にはぜひ活用したいきっぷです。


かいじ料金回数券

錦糸町・東京・新宿〜八王子 2000円
錦糸町・東京・新宿〜大月 3200円
錦糸町・東京・新宿〜甲府・竜王 4000円など
4枚つづり 1カ月有効

 近距離特急〔かいじ〕の自由席を利用できる回数券です。 「料金回数券」なので特急料金分しか含まれておらず、 乗車券は別に購入する必要があります。
 回数券ですが近距離のものはまったく割引がなく、 前もって4枚ぶんを買っておけるという利便性だけが売り物ですから、 ひんぱんに利用するのでなければわざわざ買う意味はありません。 いっぽう、新宿から大月や甲府までだと多少は割引もあるので、 2人で往復する際などには利用価値があります。
 いずれにしろ割引は「多少」ですから、 前述の「あずさ回数券」を利用できる状況なら、 そちらを利用したほうがいいでしょう。たとえば新宿・甲府間で比較すると、 通常の運賃・料金が普通車指定席(通常期)で4020円、 自由席で3510円のところ、「あずさ回数券」で普通車指定席利用だと1枚あたり2800円、 「かいじ料金回数券」と普通乗車券を併用すると1回あたり3210円となり、 指定がとれるうえに〔あずさ〕にも乗れる「あずさ回数券」のほうが安くつきます。


ひたち回数券★

上野〜勝田間 20700円
上野〜日立間 24600円など
6枚つづり 3カ月有効

 〔スーパーひたち〕〔フレッシュひたち〕の普通車指定席を利用できる、 回数券タイプの割引きっぷです。
 ねだんはそこそこ安いのですが、 同じ区間には「ひたち往復きっぷ」というものがあり、 1枚あたりのねだんはこのきっぷとほぼ同じです。 また、「往復」のほうは通年有効ですが、 「回数券」のほうはGW、お盆、年末年始に使えません。


フレッシュひたち料金回数券

上野〜勝田間 指定席4400円 自由席2800円
上野〜日立間 指定席5000円 自由席3600円など
4枚つづり 1カ月有効

 〔フレッシュひたち〕に乗車できる回数特急券です。 〔スーパーひたち〕には乗れません。 乗車券は含まれていないので、別途用意する必要があります。 普通乗車券のほか、定期券や普通回数券、周遊きっぷなどと併用できます。 自由席用は1枚でこども2人までの利用ができます。
 たとえば東京から水戸までの自由席利用だと、通常は大人片道3510円、 学割3060円ですが、この回数券なら普通乗車券との併用で大人2910円、学割2460円。 割引率はかなり高いといえるでしょう。 指定席用も安いので(1枚あたりの差額は400円程度)、使いでがあります。
 前述の「ひたち回数券」の1枚あたりのねだんよりも安くなっていますので、 〔フレッシュひたち〕利用時にはこちらを使いましょう。 (ちなみに「ひたち回数券」上野・水戸間の1枚あたりのねだんは3450円です。)


房総特急料金回数券

東京〜千倉間   指定席4400円 自由席3600円
東京〜安房鴨川間 指定席4400円 自由席3600円
東京〜銚子間   指定席4400円 自由席3600円など
4枚つづり 1カ月有効

 「フレッシュひたち特急料金回数券」と同様のきっぷです。 特急の普通車に乗車できます。
 このきっぷは指定席用が特に安くなっています。 たとえば東京から千倉、安房鴨川、銚子では、1回あたり780円も安くつきます。 通常の自由席のねだんより安く指定席が利用できるのです。 利用制限期間もないので、夏休みの海水浴などにも使えます。
 また、自由席用は50kmまで1枚500円(これは通常料金と同額)、 100kmまで700円という安さ。 普通列車のグリーン車よりも安くて速いので、こちらも近距離で使いでがあります。



(c) SWA / KASAI TakayaSWA へメールを送る
最終更新: 2006年 4月15日
簡易包装にご協力ください。